角山製陶所

509-5146

岐阜県土岐市泉明治町5-1

TEL:0572-55-2886

FAX:55-2830

jell-fish@nifty.com

 


はじめまして 角山製陶所です


創業明治30年 手描きで一つ一つ丁寧に仕上げ製品づくりしています もろ板の上に並んだ製品や中庭で乾燥させる日常作業の様子などを見ながら陶芸体験体験をしていただけます。  

◆◆お知らせ◆◆

■最近陶芸・絵付け体験に来られたお客様です

☀4/17日 前回作品 品評会・・・ニコニコ ニコニコ

本日は前回作品引き取りがてら 2度目の陶芸にチャレンジ

前回の出来上がり作品は気に入っていただいたようで 私も安心しました 今回は説明もそこそこにして 早速作陶に・・・・・・

2度目とあってスムーズにいくと思っていたのですが そうはいかないようで お母さん 少し慌てて肉厚を薄くしようと力ずくで作陶 茶碗~お皿~シイタケに  娘さんは 慎重に作陶 最後の最後やはりシイタケ状態に 似たもの親子でした。

追伸 美濃焼陶器祭り時間があれば 遊びに来てください たのしいですよよよよよよよ 

☀4/15日 オソロのコンバースで陶芸チャレンジ

本日は 爽やかな御2人が来店 春ですね 水色のシャツに紺のエプロンが良く似合います 彼女髪が長くて頭の上でお団子しばり それでもかわいいですねねねね・・・・・うらやましい

9月に結婚式を挙げるそうで 両親にプレゼントする作品を作りに来てくれました なんて優しい二人でしよう 作陶は彼氏は器用ということでしたがーーーーンンンンン 作品に味がありますね 彼女は 素直に作陶 多少底部分に肉厚な個所がありますが 使いやすそうです

あとは おじさまが愛情込めて仕上げておきます

追伸 ゴースト写真 メール添付してください ぜひお願いします。


☁4/14日 やろーーーー11人 参上 絵付けに挑む

本日は 会社の研修が終わって 帰りがけにえっげ体験にチャレンジしてくれたそうです でも 私入れて男12人 何か工場が部室のような感じで 新鮮です

作品は 意外や意外に皆さん図案を決めるのに スマホ取り出し検索検索 時代の流れを感じます 書き始めると真剣に下を向いて取り組んでいました 仕事もこれぐらい頑張ってください。 ・・・・

 

☀4/9日 オトナシイ中国人の彼女と陶芸チャレンジ

本日は 丸山茂樹似の彼が可愛い中国人の彼女を連れて来店

お話を伺うと 付き合いだして1年程度で彼が仕事で中国に行っているときに知り合ったそうです 仕事しなくて彼女をみつけにいってたななななーーーーー 彼女日本語ばっちりで私の説明も全部わかっているようでした 

作陶はどうかな はじめ2人とも緊張しているようでしたが 時間がたつにつれて要領がわかってきたようでした 2作品目 いやいや 何か力ずくで作陶しているようで 見ているこちらが ドキドキ ハラハラ

それでも何とか完成 よかったよかった

☀4/8日 可愛い・かわいい・カワイイ 本日はたのしい

本日は 2度目の来店で先日作った作品を引き取りがてら 今回は

父・姉と4人で来店していただき 妹さんの国家試験の合格も決まり

その報告もしていただき ありがとうございます

今回は 前回置いてきぼりされた 父と姉 そして妹さんがチャレンジ

作陶はどうかな 前回のお母さん・妹の作品は肉厚がありますがカワイイ感じに仕上がりました 今回お父さん頑張って肉厚を薄くしようと頑張って少しヒネリが お姉ちゃんは少し肉厚わありますがクラッシュしないよう慎重に作陶 妹さん 流石2回目ですねといいたいですが ユレユレ グラグラ まだまだだねねねねねねね

追伸 今度は彼氏と来店お待ちします 先生が彼氏チェックします。

☀4/5 日 ワイルドなお父さんと優しい家族 陶芸体験

本日は 最近岐阜市に単身赴任で山口県から引っ越して来たらしく 娘さんの休みに合わせて岐阜に遊びに来たようで 陶芸体験にチャレンジ

お父さんはいやーーーーー怖い怖い なんてね 話をするとすごく優しい方でした   さあ 作品はどうかな まず娘さん意外とスムーズに肉厚も薄くして コップに茶碗を作陶 余裕があるのがお母さんに時々アドバイス お母さんは あーーーーーやっちゃった シイタケ シイタケ でも神の手で復活 甘え上手なところもあり かなり神の手が入りました お父さん 慎重に進めて作陶 放置して最後に少し肉厚部分に神の手を入れて完成  

あとは おじさんがかっこよくしあげますーーーーー

ああーーーーしいたけに


☀4/4日 隣の家のお孫さん 陶芸チャレンジ

本日は 隣から予約があり 孫が陶芸をしたいと話があり 小学生くらいの子供が体験すると思っていたら 20歳の娘さん来店 色白のポチャポチャの可愛いお嬢さん 

さてさて 作陶はどうかな すごく粘土と話をしながら作陶しているようで クラッシュも無く肉厚も薄く出来上がりが楽しみです

☀3/29日 親子3代女子会????  陶芸にチャレンジ

本日は すごく恥ずかしがりやの女の子と若いお母さん そしておばちゃんの3人で来店 やあーーーお母さんオシャレで懐かしい私も若いころは穴の開いたジイーンズ履いていました 私の場合ただ単に新しいジイーンズが買えなくて穴が開いてただけですが・・・笑い

作陶はどうかな 本日はみなさんクラッシュなくスムーズ 娘さんは

ハートのコップ・波波の皿を作陶 楽しいそうで いろいろ話をしながら よそ見してるとこわすよよよよよ  おばあちゃんは一輪挿しを肉厚ですが ほとんど一人で仕上げていました お母さんは神の手を使いながら 思い道理の作品を作陶

後はおじさんが 可愛くしあげますねねねねね・・・・・

☀3/27日 似たもの家族 陶芸の巻き

本日は 先週も雪が降って30cm近く積もったという 松本から来店男の子兄弟は 始めおとなしかったのですが 作陶中は意外とリラックスしたようで 楽しそうに体験 

作品はどうかな お父さん肉厚薄くして頑張ってヨレヨレになってあああああああーーーー壊れた 似たもの家族で 男兄弟はお父さんとまつたく同じ壊れ方をしています お母さんは 石橋をたたいて渡るタイプのようで 失敗しないよう 慎重にそしてそれとなく作りたい形をアピール  神の手神の手 肉厚ありますが 可愛い感じになりそうです

追伸 男の子兄弟は ありがとうが自然に言えるきもちのいい子供たちでした こちらこそ ありがとうございました。  

☀3/24日 OLOLOL キター 陶芸チャレンジ

本日は入社3年の可愛いOLキターーーー 工場に入ってきたときは大学生かなと思うぐらい可愛い子たちでした おじさんはうれしーーーー

作品の方はどうかな 一作品目は説明をよく聞いて何とか形になりましたが 二作品目を作り始めたら 日ごろの性格がでるわでるわ 私のゆう事が聞けないのかと言わんばかりに 土に力をあたえて作陶しているので あああああーーー歪んできた 歪んできた 

ここはおじさまの出番出番 かっこよく 手直し手直し

尊敬のまなざしまなざし よつしゃーーーー

追伸 今度は彼氏誘ってきてください 来店おまちしまーーーーす。

☁3/22日 キター 女子大生 女子会 陶芸チャレンジ

本日は 春休みを利用して女子会(自宅が近く大学は違うけどよく遊ぶらしいです)…現在3年生来春から4年生 現在就職活動真最中・・・・

???? 陶芸しててだいじょうぶ?

作品はどうかな どんなもんでも おじさんは頑張っちゃうからね といつものテンションと違う 頑張りようでスタート えんりようがちなのか作品は小ぶりのものばかり たすけてーーーーの声も少なく おじさんは ガッカリガッカリ  

かわいい作品の中にも個性がでて 面白い作品になっていました

あとはおじさんが 頑張って仕上げます

追伸 どんどん 大学のお友達(彼氏)連れてきてね まってまーーす。

☂3/21日 本日は物静かな家族が陶芸をする の巻き

本日は工場に入ってきても すごくの物静かでオトナシイ家族が来店

何とか話しかけ作陶中は笑顔で楽しそうでしたが 記念撮影取りましょう・・・・アレアレ また緊張した顔に・・・

作陶はどうかな すごく仲の良い家族なのか お兄ちゃんが失敗したら弟君・お母さんと 全く同じ失敗で 大笑い お父さん失敗しないか

眺めていたのですが 慎重なお父さん 最後まで失敗せず完成

☂3/20日 関東よりお越しのご夫婦 陶芸体験

本日は 旦那様は陶芸教室に3年ほど通っていて 奥様は全くの初めてという事でした 流石に笠間焼の産地のご夫婦で陶器のことをよく知っているようでした 作陶の方はどうかな・・・・・

いや 流石に旦那様はうまいです 私が手助けすることなくスイスイ

作陶 奥様もなかなかのものです 無理せずゆっくり作業を進めているので安定感ありました 2作品目は少し難しい 小さな鶴首花瓶を作陶

なかなか 口元が細くならないので 神の手神の手 少し入れてお手伝いボディーは少しねじれがあり 焼き上がりが楽しみな 一輪挿し花瓶になりました 釉薬の色も特注のカラーチョイス

☀3/18日 可愛い彼女を連れて陶芸チャレンジ

若いカップル来店 前の会社で知り合ったようです

彼氏写真は笑い顔でにやけていますが 陶芸中はすごくかっこいいです 彼女は可愛く映っていますが私の写真の腕前がよくないので 本人は 倍ぐらいかわいいかなななななな・・・・・・・???  そうしておう

作品は 仲良くフリーカップと茶碗を作陶 本日の女性陣はすごい 彼女は眼力でたすけてーーーーーと うったえてきます いいよいいよ

おじさんはかわいい子の味方味方  彼氏は1作品目は途中極端に薄くなりすぎてヒネリができて 崩れてしまいましたが 次からはコツをつかんだのか ホーチプレーしてなるべく見守っていたらそれなりに出来上がり 男の面目つぶれずに済みました・・・・

追伸 彼氏が早く結婚(プロボーズしてくれるといいですね) 

☀3/18日 関西からお越しのご夫婦 陶芸体験

昨日はこちらを観光して 本日陶芸にチャレンジしに来店 

奥様は数回体験をして・旦那様は2回目だそうです 前回は先生が作ったようなものだと言っていました

作品は 奥様は流石に数回体験しただけはありますねねねね・・・・はじめ頑張りすぎてシイタケ状態になりましたが 次からは大皿・大丼を作っていました ホーチプレー ホーチプレー

旦那様 ラーメンが入るぐらいの丼にしたかったみたいで頑張っていましたが それでも中丼程度のサイズまで頑張りました

写真を見ると旦那様 壊さないように 緊張感伝わってきますね・・・

2度目にしたら上出来上出来 

追伸 関西のお友達もドンドンご紹介ください 陶芸の輪

☀3/18日 家族で陶芸チャレンジ

本日初めのお客様は 大所帯で陶芸にチャレンジ 久々にバタバタ

仲の良い家族でにぎやかにやってきて・にぎやかに帰っていきました 

さてと 作陶の出来栄えは 女性陣がかなり元気よく おばあちゃんは作りたいものがはっきりしていて 奥様はダメダメと言っていた平らなお皿になって もう少しでシイタケになるところ神の手神の手 お父さんも 似たような感じで小鉢を作くっています お子様2人りは なるべく手伝わないようにしていたら 肉厚は厚いですが満足のいく形にはなったみたいです 一番がんばったのは 2人のおじいちゃん 悪戦苦闘しながらもなんとか形になって ホッとしました。

追伸 下呂温泉楽しんできてください

■3/12日 年の離れたお友達 陶芸体験の巻き

本日二組目のお客様は おやおや おじいちゃんと孫さん???

それとも・・・・???????   聞きたいでも聞けない でも聞きたい

さすがに聞けずにいたのですが やっぱ聞いちゃいました

年は離れているのですが 芸術・食べ物など話の合う 年の離れた友人だそうです 若いこと友達なんて うらやましいですねねねねね・・・

作品の方はどうかな?  説明をよく聞いて無理せず素直に作陶しているので 失敗せず良い形のものになりました 最後にひずませて世界に一品の作品になりました。

■3/12日 渋いお兄さんと・・・お題は春

本日は以前一度体験していただいたお姉さんと 渋カッコいいお兄様

絵付体験にチャレンジ とても仲良しで 工場に入ってきワイワイ・ワイワイ お話しを伺うと 男性の方は東京からお越しで(先日隣町の狛犬で有名な窯元で狛犬を作陶 その作品を引き取り) 今回は当社で絵付けにチャレンジ お題は 春 

2人で春にちなんだデザインを湯呑につけています

やっぱり・・・さくらですよねねねねね・・・

おじさんの判定は男性に軍配ありですすすすすすす・・・男の味方

■3/9日 高校生の時の同級生 女子会で陶芸チャレンジ

当時紺のセーラー服の可愛い同級生3人 本日は陶芸にチャレンジして

お昼は美味しいものを食べるようです  

おじさんは セーラー服姿を想像してしまいました・・・・むふふふふ可愛い可愛い  

作陶の方は やあーーーー 久々 こちらを見ていると あちらでやらかし あちらを直していると 横で・・・・・  本日は働いたーーー

それでも 3人とも(変形)をさせて 世界に一つ 味のある作品になりました

後は おじさまが かっこよく仕上げて早く送るようにします。

■3/5日 愛知・石川県より来店

本日は石川県より知人が遊びに来たらしく 観光体験を兼ねて4人で岐阜まで陶芸をチャレンジしに来店 

一番真剣なのはお父様 肉厚を薄くするのに頑張りすぎて あああああああああーーーー シイタケになってしまいました 左奥 奥様は中では一番甘え上手で一番神の手が入ったかな 右

側お二人は姉妹で同じ作品をチョイスして作っているのですが お姉さんは慎重で妹さんは 大胆に作っていました 作品も少しずつ個性が表れていました。

追伸 友人のご紹介で来られたとのことで そのご友人にもよろしくお伝えください ありがとうございました。

■3/2日 教育大学学生4人組来店 意外とおとなしかった

本日2組目のお客様は教育大学の学生さん 男性一人は先輩で卒業らしく プチ旅行かねて陶芸にチャレンジしに来店 4人は子供たちにキャンプを体験させるスタッフで知り合ったそうです さすが教育大学の学生さんですね。。。。緊張しているのか 少しおとなしかったかな

作品は 先輩はがんばりすぎてお皿がシイタケ状態 あれほどいったのに やっちやいましたね・・・・・ ほかのみなさんは湯呑・茶碗・皿意外と個性が出た作品になっています 

追伸 礼儀正しい若者たちでした 私の娘と同い年 娘はちゃんとしてるか心配になりますなあーーーーーー

■3/2日 新婚さん陶芸にチャレンジ

本日1組目は 2月に結婚したばかりの新婚さんが遠く仙台から来店 陶芸体験にチャレンジ お話をお伺いするとつい最近東京から仕事の都合で仙台に引っ越しされたそうで・・・ かわいい奥さんも一緒だからいいよね アツアツ

いざ作陶に入ると 旦那さん 肉厚をかなり薄くして 頑張りすぎて

粘土の塊に 気を取り直し湯呑を作陶 なかなかの出来栄え 奥様もあああーーーすごくきれいのお褒めの言葉 それに気をよくして旦那様 私がデモンストレーションで作った作品にチャレンジ これまた上出来

奥様も大喜び ・・・・・教え方がうまいからですよ・・・・?????

奥様は無理せずすむーずに作陶 湯のみ・丸い一輪挿し満足満足

釉薬のカラーでは二人で悩んで悩んで決めていました 

仲のいいこと ・・・・うらやましいーーーー

■2/27日  大笑い2人組 陶芸チャレンジの巻き

本日は 親子かな? と思ったら姪っ子と2人で来店 陶芸にチャレンジ

やあーーーー今日は笑い声の絶えない2たり 作陶中も顔を見合わせては ワハハワハハ 少しして また 顔を見合わせて ワハハワハハ

作陶時間より笑ってる時間のほうがながいぞーーーーー

作品は・・・・・マいいか それよりほんとに楽しい(あわてんぼ)

二人で  帰りがけには忘れ物をして戻ってくる始末 

最初から最後まで楽しませていただきました。 

追伸 作品はおじさんが心を込めて仕上げますね ワハハワハハ


2/25日 温泉・陶芸 デート うらやましいーーーー

本日のお客様 土岐市の まちゆい温泉に来られ 陶芸にもチャレンジ 実を言うとまちゆいの横の施設にも陶芸体験できるところがあるのですが 角山製陶製陶所をチョイスしていただきありがとうございます お話しを伺うと同僚らしく会社では内緒の2人だそうです

HP掲載しちゃいました  さてと陶芸作品の方はどうかな

彼女は日ごろの性格がちらほら 無理やり力で作ろうと(女王様のように自分の思いどうりに)していました 少し時間が経つにつれて力が抜け安定してきました 彼氏の方は 意外とできていたので放置プレーしていたら 2作品目お皿にチャレンジ あああああああああーーーーークチャクチャ やっちゃった 

最近なかったので これはこれで 楽しい楽しい

■2/19日 元気で笑顔の可愛い親子 陶芸にチャレンジ

本日は 国家試験が終わったばかりの娘さんを連れて初めての陶芸にチャレンジ 工場に入ってきたときから笑顔で帰るまでニコニコニコニコ  私までつられてニコニコニコニコ

さあーーーてと作陶は・・・

少し厚みはありますがコップ・ドレッシングボール・サラダボールを作陶 本日一番は娘さんの作った梅型のサラダボール ちょっと待ったお父さんのとおねいちゃんのが無い かわいそーーーー

今度は家族で来てください。

追伸 試験結果良い知らせがありますように・・・・・

■2/12日 本日二組目 来た来たャロー4人組

同僚4人で陶芸にチャレンジしに来店 この4人組ただものではなく医療関係のお仕事をしているそうです なんかそんな風に見えないところがいいですねねね 

作品はのみ込みが早く手も器用なのか 皆さん安定して作っていました

若干1人巨大なものを作った方もいらっしゃいました

今度は女医さん・看護師さんを引き連れて来店ください。

おじさまは頑張っちゃいます。。。。。

■2/12 寒い中 隣町から外人家族 陶芸にチャレンジ

本日は奥様がイギリス人の家族が陶芸にチャレンジしに来店 奥様と子供は 色白で2人も可愛い方です うらやましーーーーー

奥様わ少しの日本語でしたが 娘さんは日本語・英語ペラペラで またまた うらやましーーーーー

さて 作品は ふふふふふ お父さん放置プレーしていましたら自力で作陶 奥様と娘さんはさすがに神の手神の手  一番のこだわりは奥様でした もう 私の作品ですねねねねね・・・・

でも 楽しんでいただけたようでしたのでOKOK 

■2/4日 仲良し女子会 1泊泊りでリフレッシュ

本日は1泊泊りの途中で陶芸体験に立ち寄っていただきました

作陶 以外にも安定して作るも 2作品目はあちこちで ドーナツやひねりができていました 味味味。。。でてきましたねねねね

と ごまかし少し神の手を入れて 完成  最後に作品の前で記念撮影

夜はカニ料理だそうで いいなーーーー 

■1/13日 大人の女性 OLOLOLOL キターーーー

本日は いつものワイワイと違うぞーーー 物静かに工場に入ってきた

大人の女性2人組 部署はちがうものの同じ会社の同僚らしいです 

作品作りにもいつもの仕事がちらほら出ていました 奥の彼女は営業の部署らしく 日ごろ男性営業マンを手玉に取っているらしく 私もついつい神の手を何度も 手前の彼女は経理の部署らしく黙々と数合わせをしているらしく 作品ももくもくと作品に取り組んでいます  

そんな 2足りですが やはり女性ですよね 慣れてきたころはワイワイ

楽しんでいました。

■1/1 元旦 今年初めてのお客様 ご夫婦です

優しそうな感じのご夫婦が来店 お話しを伺うと旦那様は一度も怒ったことがないとのこと 人間ができてますねねねねね・・・私 一日一回は起こっていたりして

以前より体験したかったと言って 元旦の空いてる時間に挑戦 そうなんです 地元も地元 車で5分から7分程度の場所 意外と地元の人は少ないので ありがたいです。

作品は 奥様お酒をたしなむようで 酒器を味のあるかたちですねねねねねねねね 旦那さんはビール派らしく少し小さめのフリーカップを苦戦しながら作っていました 

追伸 地元のお友達にもどんどん宣伝してください。

■12/27日 超超可愛い娘さん姉妹を連れて陶芸体験

本日2組目のお客様 ほんとに 綺麗・可愛い娘さん いやいやお母さんも綺麗な方で 工場が華やかになりました おじさんも 楽しい楽しい  作品は お母さんが一番甘えん坊で 助けてーーーコール 茶碗とカフェオレボールの2杯分入る大きいのを作陶 手前の妹さんは 茶碗とフリーカップ 口元の自然な感じが良いです 奥のおねいちゃんは UFOのようなカップと彼氏にプレゼントするシャンパングラスのような作品を作っていました。思い思いの作品になりました

仕上がりに時間かかりそうです すみません また遊びに来てください

■12/27日 家族で温泉旅行の途中陶芸にチャレンジ

陶芸と絵付け体験 家族4人で来店 お父さんと弟君が陶芸

2人とも真剣真剣 作品は苦戦いながらもなんとか形に お父さんはお酒を入れる徳利 ドラえもん見たいと言っていました 弟君はお兄ちゃん思いで茶碗を頑張って作っていました

さて 絵付け・・・弟君陶芸で満足したのか 下書きをして少ししたら

飽きてしまい お父さんとお母さんが作品を仕上げていました

今回 お母さんとお兄ちゃん体験しなかったけど 今度はぜひ体験しに来店してください。


■12/21日 薪ストーブ 初火入れ式

これから来店のお客様 少しでも工場暖かくして待っています

■12/21日 可愛い可愛い2人組 陶芸にチャレンジ

本日は介護の仕事をしている 可愛い女の子2人 工場に入るなりうるさいぐらい元気で 工場の雰囲気が明るくなった感じ 日ごろの介護仕事の疲れを癒すために 以前から一度陶芸体験したかったと来店 

おじさんは こんな可愛い子に介護されたいいいいーーーー

作品は 2人とも湯呑を2作品ずつ製作 普通少し作りだすと真剣に作陶に取り組みますが ほんとに しゃべったり 笑ったり キアーキアー なんだか私も楽しかったです 

■12/20日 友達かな・・親子かな・・陶芸チャレンジ

本日は友達グループと思っていたら 親子でした お母さんお若い

わざわざロクロ体験をしに来店 新築したので自分の作った器を使ってみたいとのこと 心を込めて焼き上げます

作品は お母さんダメダメといっておいたのに 平のお皿に・・何度神の手をいれたかなーーー 何とかシイタケはま逃れました 娘さん自分でおでこに泥つけて遊んでました インドの女性みたいです UPにするとよくわかります。 作品は丼とフリーカップ 可愛い娘さんだったので つい デレデレして 神の手が何度も何度も  楽しんでいただいたようなので よしよし

追伸 プチ旅行また来てください 薪ストーブ使っていると思います。   

12/14日 会社の同僚と陶芸にチャレンジ

寒い中 和紙の町から 会社を二人でサボって・・いやいや 休みを取って わざわざ陶芸をするために来店してくれました

お二人とも お皿とお茶碗を作りましたが やはり作品に性格がでていますねねねね・・・二人とも血液型0型だそうですが 奥の方は0型らしく肉厚薄く丸も気にして作陶 手前の方は あれ0型??????

おかしい意外とザツな作り方をしている 少し神の手入れて完成 意外と洋風な感じのお皿に この作り方 B型B型 

なにわともあれ 作品満足してくれたようで 安心安心

また 友達誘って遊びに来てください 今度は薪ストーブ煙突もできててあったかいと思います。たぶん 

■12/10日 両手に先輩うらやましい3人組 来店

本日は同じ会社の仲間で カワイイ先輩2人をエスコートして陶芸にチャレンジしてくれました うらやましいーーーー(ほんとは二人にこき使われてたりして) 作陶中先輩二人は生き良いがよいのですが 彼

は おとなしいオトナシイ これは2人にいじめられてるからだーーー

なんてね・・・・ほんとは3人仲良しでした 作品は思い思いの好きな物を作っていて ピーナッ専用ピーナツ型小鉢・愛がほしいハート型の小鉢・焼酎好きのロックカップ どれも良い器になりそうです。

追伸 体験メッセージノート記念の1ページ目ありがとうございまた。 


12/3日 はやりかな? ベレーボーの彼女と陶芸体験

本日は年下のかわいい彼氏と陶芸にチャレンジしに来てくれました お話しをうかがうと 先日女性2人でバイク来店されたお客様の お友達だそうで 友達の友達は皆陶芸体験だ・世界に広げよう陶芸の輪 

冗談はこのへんで 作陶のほうは彼女目標は非常に高く 徳利に挑戦 

ですよねねねね…全然できてない・・・助けようかな・・・見て見ぬふりふり・・・でも神の手神の手  何か徳利というよりは コーラの瓶ににているような??????  彼氏ははじめ力が入って苦戦していましたが

2作品目からは安定して作っていました 彼氏うちにアルバイトしないかな かわいいので 女性のお客さんふえそうだなーーーーー

追伸 出来上がり来年になってしまいます まっててね

   帰りがけのお礼のメッセージありがとうございました 感動

■12/2日 ご夫婦で絵付けにチャレンジ

本日は朝一番で電話がりりりりーーーーん

絵付け予約 ぐっとタイミング 本来当日予約受けないのですが 昨日窯出ししたばかりで 本日 のんびり仕事していたのでお受けしました

旅行の帰りがけに 陶芸体験したかったようでしたが 奥様の爪が長かったの本日は絵付けにしたようです 

作品は 奥様大胆に下書きなしに書き出しました 旦那様は昔ながらの海の模様をつけていました 引き取りとのことで 今度は陶芸にチャレンジしてください 待っています。

■11/27日 3家族7名で陶芸・絵付けにチャレンジ

本日は 月曜日でしたが3家族1台のワンBOXで来店 お話しを伺うと3家族とも自営業だそうで昨日より集まり 本日陶芸を体験しに来てくれました 男性陣は意外と失敗しそうでしたが なんだかんだワイワイ

委員がらも形にしていました 女性陣は少し作品小さめでしたので 

神の手を入れてみました お母さん 抹茶茶碗のような形の良いのを作っていたら 少し目を離したら 影も方にもなくなり 大変大変 

すぐに 手直し何とか元に戻して 仕上げはひずませて 完成

大勢で体験すると楽しいですね・・・友達に宣伝しておいてください。

■11/26日 ゴースト夫婦 来店

本日は 昨日と打って変わって おとなしくスタート たぶんこれが

普通なんだろうなーーー

久々のゴーストですが 始め奥様を嫌がっていたのに 旦那様に後ろからギュッとされると  この嬉しそうな顔…デレデレですね

作品のできばえわ 旦那様は肉厚ですが 自分で何とかするタイプで

黙々と作っています  奥様は 口では何も言わないのですが 目で何か訴えている 手伝え手伝え・・・わかりました 何なりとご注文ください・・・これも女性のぶきですねねねね  甘え上手 上手

追伸 出来上がり来年になるかもしれません ごめんなさい。

■11/25日 元気の良いお姉さま方来店

本日は 7名の女性が来店 工場に入るなり やあーーーーーーーーー

元気・元気(うるさい) お話を伺うと短大時代の同級生だそうで 1年に1度会うそうです 本日は鬼岩温泉にお泊まりハジケルぞーー

枕投げ枕投げ・旦那の悪口

陶芸・絵付を体験をしていただきましたが・・・?????

本日の陶芸は昨日までと違い 神の手連発 いや これは私の作品ですね・・・絶対  それでも 皆さん旦那様のことを考えてペアーの作品を作っていました 口では悪口言ってますが 心の中では・・・??

ワイワイ楽しんでいたたければなんでもok 

私も楽しませていただきました・・ありがとうございました

追伸・今度はぜひ旦那様とお越しください。

■11/24日 赤ちゃんと3人で来店 なきだしたーーーー

本日は7か月ぐらいの赤ちゃんと3人で埼玉より来店 嗚呼ああああああ赤ちゃんの写真撮るの忘れた ごめんなさい お父さんの作ったお皿に赤ちゃんの手形スタンプ 撮影してこれでゆるしてねねねね

作品は 昨日に続いて 本日も神の手を入れる場がなく 見守りと

お客さんの作陶の邪魔をするように話しかけて終わりました

追伸 カニ私も食べたいーーーーーーー


■11/23日 オソロで来店 陶芸チャレンジ

本日は お揃いのコーディネートで来店 お話を伺うと今日11/23日勤労感謝の日が結婚記念日だそうで 何か記念に作りたいねとのことで

陶芸体験にチャレンジ 旦那さんは髭がよく似合って 奥様はニット帽がよく似合っていました 陶芸のほうわお二人とも話をよく聞いて飲み込みがいいのか 神の手を全然使わずに終わってしまいました 

なんか さみしい・・・・